口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

舌の側面がヒリヒリし、白くなっています

年齢 性別 相談日

40代

女性

2020年11月27日

質問1

舌の側面が長らくヒリヒリしており、鏡で見るとその部分が若干白くなっていました。耳鼻咽喉科で見てもらったところ、白板症の手前の状態と言われました。歯科には3ヶ月おきにメンテナンスに通っており、2回ほど前から舌の痛みについては話していたのですが、歯が触れているためだろうとのことでそのままになっていました。

耳鼻咽喉科では、この状態なら検査をしても異常細胞は多分見つからないだろうから様子見で良いだろうが、舌に当たっている歯(銀歯)は当たりを丸くするなどして治してもらったほうが良いと言われました。しかし、今まで舌に当たることを伝えていても調整等の話しはなかったのですが、このような場合、銀歯を作り直すことは可能なのでしょうか。

また、細胞診をしても異常は見つからないというのは、良性ということでしょうか。それともいずれ悪性化する可能性はあるけれど、現段階では検査をしても、異常は見つけにくいという意味なのでしょうか。状況のみのお話で申し訳ありませんが、アドバイス等いただけますと幸いです。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

下顎前突(受け口)に対して下顎骨を後方に、上顎骨を前方に移動させるために骨切り術を実施されたと推察します。この手術は上下顎の骨をそれぞれ切断し、理想的な位置に移動させた後、チタンのプレートやスクリューで固定する手術です。

下顎骨の内部には下歯槽神経が走行しており、骨切り術の際にこの神経が傷つくと歯肉などに麻痺が生じます。また、下顎骨の内側と舌の間の舌神経が傷つくと舌の麻痺が生じます。このような理由により麻痺が生じたのでしょう。

左の顎下腫のあたりには顎下リンパ節があるため、手術後の炎症や細菌感染による痛みが疑われます。

細菌感染については原因となる感染巣をきれいにし、抗生物質を服用することにより改善が可能です。神経が傷ついて痛む神経障害性疼痛については、抗うつ薬や抗けいれん薬などの薬物療法を中心とした治療が効果的です。