口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

歯並びが悪く、舌に潰瘍ができます

年齢 性別 相談日
30代 女性 2014年12月17日

【相談者】2014年12月17日  N

こんにちは。突然の質問、失礼いたします。私、歯並びが悪く、並びの悪い歯が舌にあたって、舌に潰瘍ができます。(1ヵ月に1回はできます。) そのため、歯科矯正も考えましたが、金銭的に難しいです。このような場合、根本的治療として、保険適応の治療法はないのでしょうか?

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

歯並びが乱れていて舌を噛みやすい状況があるため、舌が傷ついて潰瘍ができやすいのでしょう。歯並びを改善する最も一般的な方法は矯正治療ですが、金銭的に難しい場合は他の治療法を検討することになります。

一本分か二本分程度の限られた範囲であれば、その部分の歯の形を変えるだけで舌の傷を防げるかもしれません。そのための一番簡単な方法が削ることで、歯の一部が出っ張っていたり尖っていたりする場合は、その部分を削って形を整えることにより、舌が傷つくのを防止します。

また、歯の形を大幅に変える必要がある場合は、必要な本数分だけ歯を削ってかぶせ物(クラウン)を作り、歯並びを整える方法が効果的でしょう。