口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

口腔がん

口腔がん 口腔外科総合研究所

口腔がん

口腔がんとは?

記事1 口腔外科総合研究所

わが国における口腔がんの罹患率はがん全体の約2%に過ぎませんが、この数値は白血病を上回っています。口腔がんは生命に関わる重大な病気であることはもちろんですが、その最大の特徴は私たちが生きていくうえで必要不可欠な「食べる」「飲む」「話す」「呼吸する」といった口の機能が大きく損なわれるということです。つまり、口腔がんにかかるとQOL(生活の質)が著しく低下してしまう可能性があるのです。

 

口腔がんの原因としてはタバコとアルコール、口腔内の不衛生、虫歯や入れ歯、食事による慢性的な刺激、また栄養不良やウィルスが挙げられています。総じて、口腔がんに最もかかりやすいタイプは50歳以上の男性で、飲酒時にタバコを吸う習慣のある人ということができます

 

記事1 口腔外科総合研究所

口腔がん の詳細についてはこちらのページもご覧ください。

 

口腔がんの症状と症例写真

記事1 口腔外科総合研究所

口腔がんで最も多いのは舌がん(約60%)で次が歯茎にできる歯肉がん、そして舌と歯茎の間にできる口底がん、頬粘膜がん、口蓋粘膜がんと続きます。

 

舌がん

記事1 口腔外科総合研究所

舌ガン 症例写真多くが歯と接触しやすい舌縁部(舌の横の部分)に発生します。初期にはほとんど表面的な変化は生じませんが、白くなる、あるいは赤くなる場合や痛みだけが出る場合もあります。一方、がんが進行すると粘膜の表面が隆起したり、表面下で腫瘤ができて硬くなり潰瘍ができます。また、口内炎や舌痛症と勘違いされやすいことも舌がんの特徴といえます。

 

歯肉がん

記事1 口腔外科総合研究所

歯肉ガン 症例写真歯周病や虫歯が原因で炎症を繰り返している歯の周りにできやすく、合わない入れ歯の下の粘膜にも発生することがあります。症状は歯茎が腫れて出血する場合が多く、潰瘍ができることもあります。また、歯肉がんによってアゴの骨が溶けて歯がグラグラするケースがありますが、これらの症状は歯周病とよく似ているため誤った診断によってがんを進行させてしまう場合があり、注意が必要です

 

口底がん

記事1 口腔外科総合研究所

口底ガン 症例写真舌の下、つまり口の底に当たる部分にできるがんを口底がんと呼び、下アゴと舌に囲まれた平らな部分に発生します。初期症状は粘膜の表面が白くあるいは赤くなり、進行すると粘膜の隆起や腫瘤、また潰瘍などが生じます。

 

頬粘膜がん

記事1 口腔外科総合研究所

頬の内側の粘膜、つまり歯の刺激を受けやすい部分にできるがんです。口底がんと同様、初期は粘膜表面が白くあるいは赤くなり、進行すると粘膜の隆起や腫瘤が生じ、口が開けにくくなるのが特徴です。

その他の口腔がんとして口の天井部分にできる口蓋粘膜ガンや口唇がん、上顎洞という空洞に発生する上顎洞がん、顎骨の肉腫や悪性リンパ腫、また白血病が歯茎からの出血によって判明する場合もあります。

 

診断と治療法

記事1 口腔外科総合研究所

口腔がんは視診、触診、そして病理検査(生検)によって診断します。その次にCTやMRIといったいわゆる画像検査を行い、がんの進行度や転移の有無を調べることになります。

口腔がんの治療はそのほとんどが手術療法ですが、進行がんでは放射線治療や抗がん剤を使った化学療法を組み合わせて行います。また、進行がんの手術は切除範囲がどうしても広くなるため、後遺症として食事や会話が困難になる可能性があります。さらに下アゴの下部と後部、頸部リンパ節を摘出すると顔の容貌が損なわれることがあり、その場合には通常ご本人の腕やおなかの皮膚を使って損傷した箇所を再建し、日常生活への影響を最小限に抑えるよう配慮されます。

放射線治療は、がんが広範囲に及ぶ場合に治癒を目的とするよりむしろ緩和ケアとして行います。注意点として、アゴの骨が放射線にさらされると唾液腺が損傷を受けるため、開始前に必ず歯の治療を済ませておくことが肝心です。

 

口腔がんの予防

記事1 口腔外科総合研究所

まずは、何よりタバコとアルコールを控えることです。そして、口腔内をいつも清潔に保つことを心がけ、粘膜に慢性的な刺激を与えないようにしましょう。また、口の中は自分で簡単にチェックできるため、何か異常がないか定期的にセルフチェックを行いましょう。

 

記事1 口腔外科総合研究所
口腔がん の詳細についてはこちらのページもご覧ください。