口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

ドライマウス

ドライマウス 口腔外科総合研究所

ドライマウス

ドライマウスとは
記事1 口腔外科総合研究所

口腔内の乾燥を意味し、唾液の分泌量の低下や性状の変化によって生じる病気です。ドライマウスの特徴は数多くの原因が複合的に絡み合って発症するだけでなく、ドライマウスそのものが他の二次的な病気を引き起こす誘引となりやすいことです。たとえば虫歯や歯周病、口腔カンジダ症や味覚異常などはドライマウスが原因となって起こりやすい病気であるといえます。また高齢者では口腔内の不快感や口臭だけでなく、摂食・嚥下機能の低下から誤嚥性肺炎や上部消化器の障害の原因ともなるため、十分な注意が必要です。したがって、ドライマウスの診断は口の中だけでなく全身の症状を詳しく診察したうえで、原因を特定するための検査を行うことになります。

記事1 口腔外科総合研究所

ドライマウスの詳細についてはこちらのページもご覧ください。

 

ドライマウスの原因
記事1 口腔外科総合研究所
  1. 糖尿病、腎障害、貧血など全身性あるいは代謝性の病気によるもので、唾液腺には異常がなく、水分不足による唾液量の減少によって起こるドライマウス

  2. うつ病、ストレスなど神経性のドライマウス。また抗不安薬、抗うつ剤、抗アレルギー剤、降圧剤などの薬物によって唾液分泌に関連する神経系が抑制されて起こる薬物性のドライマウス

  3. シェーグレン症候群や放射線治療、あるいは加齢などにより唾液腺自体が障害されることによって起こるドライマウス

ドライマウスの治療
記事1 口腔外科総合研究所

ドライマウスの治療は、対症療法が中心になります。内服薬では唾液の分泌促進効果のある塩酸セビメリンが一般的ですが、今のところシェーグレン症候群以外は保険適用外となっています。またドライマウスには漢方治療が有効で、白虎加人参湯や麦門冬湯、温経湯、八味地黄丸などを組み合わせて処方します。その他の方法としては人工唾液やさまざまなタイプの保湿剤、就寝時に使用するモイスチャープレート(保湿装置)など多種多様に揃っていますが、心身医学的アプローチを行う場合もあります。

記事1 口腔外科総合研究所
ドライマウスの詳細についてはこちらのページもご覧ください。