口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪
相談内容検索1 口腔外科総合研究所

口腔外科無料相談室



スプリントで痛みが軽減する神経障害性疼痛

年齢 性別 相談日

40代

女性

2021年6月6日

質問1

現在歯の神経性障害疼痛で漢方を3ヶ月飲んでますが痛みがあまり変わりません。前歯の1番2番の間らへんに痛みがあり1番は抜歯してありません。2番の歯も昔、歯根たん切除をしたりして決して良い歯ではありません。

なぜかマウスピースをいれると少し楽になるのでマウスピースを日中もつけてる状態です。マウスピースをつけると楽になるとか神経性障害疼痛でありえることなんでしょうか?そのような方はいらっしゃいましたか?実は2番が原因なのかもと悩んでいます。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

神経障害性疼痛と診断された前歯の痛みについて、神経障害性疼痛という診断が正しいか否か逡巡されているようですね。診断を下すためには、まず歯や顎骨、粘膜などに器質的な異常があるかどうかを確認する必要があります。また非歯原性歯痛の中には筋・筋膜性歯痛や神経血管性歯痛などの原因もあるため、これらの有無についても確認する必要があります。

さて、着目すべきはスプリント(マウスピース)を装着すると痛みが軽減するという点です。この事実は前歯の器質的な問題や筋・筋膜性歯痛の可能性を示唆しています。一方で前歯部に神経障害性疼痛による末梢性感作が生じており、スプリント装着によって神経への刺激が軽減されているとも考えられます。以上の点を鑑みると、やはり神経障害性疼痛が痛みの原因である可能性が高いと推察します。

質問2

返信ありがとうございます。本当にありがとうございます。少し追加で教えていただけたらと思います。本当に悩んでいるので宜しければ教えてください。

1. 神経性障害疼痛と診断され抑肝散とリッコウサンを処方されてますがあまり効果を感じられないのですが、やはりリリカとか副作用が強い薬のほうが早くよくなる可能性がありますか?
2. 神経性障害疼痛は非定型の中でも治りにくいのでしょうか。
3. マウスピースをずっとつけてるましになる感じで日中ずっとつけてますが外したときに痛みが倍増する感じです。神経障害疼痛でマウスピースをつける治療法とかはありますか?ずっとつけてるわけにもいかず。まだ痛くて前1番も歯をいれられてない状態です。

【回答2】口腔外科総合研究所 樋口均也

1. 神経障害性疼痛に対して最初に使用する薬剤が国際的に定められています。三環系抗うつ薬、あるいはリリカなどの抗けいれん薬が有効な場合が多くみられます。
2. 非定型歯痛(非歯属性歯痛)にはさまざまなものがあります。その中で神経障害性疼痛が特に治りにくいとも治りやすいともいえません。
3. 神経障害性疼痛と筋・筋膜性疼痛が合併している場合には、スプリント療法を行うことがあります。神経障害性疼痛が単独で存在する場合、一般的にはスプリント療法を行うことはありません。

抜歯後も改善しない歯の痛み

年齢 性別 相談日

60代

女性

2021年6月3日

質問1

昨年の11月に以前の処置済の歯が痛くて、かかりづけの歯医者で見て戴いたが何もないとのこと、だけどあまりに痛むので総合病院の口腔外科で見て戴いたら膿らしきものがあり、大きい歯医者で抜歯した頂きました。抜いた歯は2mmほどの穴が開いていました。これが原因だったのかと思いましたが、痛みはロキソニン、ボルタレン、カロナールを処方されても取れませんでした。

現在総合病院の口腔外科で1カ月処方された漢方薬アコニンサン錠と追加で抑肝散料を飲み続けてますが、一向に良くなりません。歯の痛みと頭痛に一日中悩まされています。舌の上も白く荒れてます。余りの痛みに寝る前に眠剤を服用して寝てますがその時だけは痛みはありません。まだ次の診察日まで2週間以上あります。病名も原因もはっきりしません。このまま処方されるままに痛みに耐えながら生活するのが苦痛で仕方ありません。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

歯に穴が開いていたということですが、穴が開いていれば痛くなるのは当然でしょう。ただし、歯を抜いても痛みがなくなることなく続いているということは、歯に開いた穴自体が痛みの原因であったのか、ほかに原因があるのか、その点が判明しません。

元々痛みの原因が別にあり、今も取り除けていない可能性があります。また抜いた歯に問題があり、脳がその痛みを記憶して治らなくなっている中枢感作の疑いもあります。

従って、痛みの原因について再度詳しく検討する必要があります。中枢感作の場合は三環系抗うつ薬などの薬物療法が効果的です。

質問2

半年余り苦しんでおりましたが少し光が見えたように思います。現在、2種類の漢方を服用しておりますが、効いているようには思えず、歯痛、頭痛、今はふらつきもあります。1か月服用の漢方を途中でやめるのは、今かかっている先生の方針もあり、迷っております。今後の歯の治療もあり、奥のインプラントも治療途中なので、手をつけてもらえずの状態です。

奥歯を抜いた後、前歯のかみ合わせがおかしくなりました

年齢 性別 相談日

50代

女性

2021年5月27日

質問1

3ヶ月前に右上奥から3番目を(虫歯・歯周病でもなく、3年半前にジルコニアで被せた歯が割れてしまっているとの事で)抜歯したのですが、その際ハンマーで顔面を殴られたような強い衝撃がありました。ただ、衝撃のみで青痣や出血などもないのですが、1ヶ月以上鼻の真ん中あたりが痛いような感じがあり、また前歯4本が差し歯なのですが、4本ともズレがおきたような違和感(柔らかいパンを噛む事もしづらい)があったので、再度歯科医師に診てもらい問題ないと言われましたが、抜歯後2ヶ月を過ぎた頃、真ん中右側の前歯の差し歯が取れてしまい、その他の3本の差し歯も未だ少し違和感が残っています。

そこで質問ですが、
1.抜歯の際のハンマーで殴られたような衝撃は問題ないのでしょうか?抜歯の際はある事なのでしょうか?
2.前歯差し歯4本に違和感があるのは抜歯した事と無関係でしょうか?差し歯の違和感は治りますでしょうか?
3.今後その歯科で奥歯の保険外のブリッヂを予定していますが、技術的に問題ないのでしょうか?
ご回答の程宜しくお願い致します。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

質問中、1と2については関連があるためまとめてお答えします。抜歯の際に強い衝撃があったということですが、この衝撃が何だったのかが不明です。下顎の臼歯、特に親知らずを抜く際には、無理な力が加わることにより下顎骨が骨折する例はあります。ただし、上顎の骨は顔面の骨や頭蓋骨と一体化しているため、骨折は考えられません。一方、歯の周りを取り囲む歯槽骨は薄いため、抜歯の際に折れてしまった可能性はあります。あるいは、抜歯により根が折れて強い衝撃を感じたのかもしれません。

鼻の真ん中あたりが痛いような感じがするということですが、歯を抜いた部位がちょうどこの辺りなので、多少の痛みが残っていたとしても不思議ではありません。

抜歯後から前歯の嚙み合わせが強くなったようですが、それまでは抜歯した歯のあたりが強く、前歯は弱かったのではないでしょうか。抜歯により、前歯に負担がかかっているのでしょう。差し歯の違和感や割れに関しては、前歯のあたりを弱くして、割れた歯を作り直す必要があると推察します。

3番目の質問について、治療を受けられた歯科の技術については判断できないため言及できません。

質問2

お忙しいところ、ご連絡ありがとうございます。先生のご指摘通り歯槽骨か根が折れた衝撃で抜歯には稀にあるのかと思い気を取り直し本日ブリッヂの型取りに行ったんですが、抜歯した両側に虫歯があるみたいで、麻酔後被せものを剥がし治療をして頂いたのですが、その際今度は差し歯全部が何か強い力で押さえつけられているような痛みがありましたが、我慢出来る範囲でしたし麻酔しているのでよくわからないのでそのまま帰ってきたのですが、4〜5時間経った今も、差し歯が少し痛むのですがこれは問題ないのでしょうか?

抜歯した直後のズレた感覚と同じ感じなので、これからまた取れてしまうのではないかと思いますが。再度ご質問して申し訳ございませんが、よろしくお願いします。

【回答2】口腔外科総合研究所 樋口均也

ブリッジを作製するため、抜歯した歯の前後の歯を削ったということですね。歯を削ったことで右側臼歯部の嚙み合わせが低くなり、ますます前歯が強く当たるようになったのでしょう。歯を削った部分の仮歯、仮詰めをもう少し高くしてもらうことをお勧めします。

 

開口障害がある場合の親知らずの抜歯

年齢 性別 相談日

30代

男性

2021年5月17日

質問1

ご質問させていただきます。親知らず抜歯についてですが、ぼくは筋ジストロフィーという病気で、口があまり開かない状態です。前歯と前歯の間が1.8㎜程度です。先日口腔外科受診して、局所麻酔では抜歯するスペースが無く、全身麻酔では痛みや腫れの無い現状では、リスクのほうが大きいとのことでした。

今後痛みが出ても、痛み止めや抗生剤で様子を見てほしいと言われましたが、痛みを抑える以外方法がないのかと不安に思っています。口があまり開かない方で、親知らず抜歯をしたことがある人やそういった事例を知っている方がいましたら教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

親知らずを抜歯したいが、現状痛みや腫れは生じていないという状況のようですね。親知らずは奥の方に位置するため正しく生えていないケースが多く、磨き残しから炎症が起こり痛んだり腫れたりします。そのような場合に抜歯することになります。

一方、痛みや腫れがない親知らずの抜歯を急ぐ必要はありません。そのまま放置して大丈夫です。ただし、今後痛みや腫れの可能性が想起される場合は、症状が出現する前に先手を打っておくのも得策です。現時点でそのような状態にあるのかもしれませんね。

しかしながら、開口障害のため全身麻酔下での抜歯が必要であるならば、気軽に抜歯すべきではありません。将来現れるかもしれない痛みや腫れのリスクと、全身麻酔で被るかもしれないリスクを天秤にかけ、どちらかを選ぶことになります。口腔外科の先生が「様子をみる」と判断されたのであれば、それが適切な対応なのでしょう。

抜歯をしない場合は、日々正しい歯磨きに励みましょう。前述の通り、親知らずが痛んだり腫れたりするのは磨き残しが生じやすいからです。磨き残した歯垢(プラーク)には大量の細菌が棲息し、炎症を引き起こします。磨き残しは歯科でチェックを受け、適切な磨き方を指導してもらいましょう。筋ジストロフィーのためにうまく磨けないのなら、歯科で定期的にクリーニングを受けることをお勧めします。

口があまり開かない場合、親知らずの抜歯は困難といえますが、工夫をすれば可能性はあります。

質問2

こんばんは。丁寧に答えていただきありがとうございます。今のところ痛みはありませんが、痛くなったときに抜歯ができるのか、何か方法がないのかなど詳しく知りたいです。

口があまり開かない状態でも工夫をすれば抜けることもありますとありましたが、できれば具体的に教えていただければと思います。いろいろ言ってしまいすみませんがよろしくお願いします。

【回答2】口腔外科総合研究所 樋口均也

開口スペースが小さい場合でも、抜歯に用いる器具が入れば抜歯は可能であると推察します。

 

元々フェステルがあった所がそこだけ赤く膿が出ます

年齢 性別 相談日

60代

女性

2021年5月2日

質問

抜歯後一部歯茎が膿んで赤いです。場所は頬側で元々フェステルがあった所です。以外の歯茎はピンクに盛り上がってきたがそこだけ赤く膿が出ます。何故?が不安です。自然に治りますか?

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

顔面は腫脹していますか? 白いもやもやした上皮ではなく、腫れているところから排膿している場合は抜歯後の二次感染が疑われます。また、残根や残留嚢胞などの可能性もあります。症状が続く場合は抗生剤を服用する必要があるため、早めの受診をお勧めします。

歯と歯の間の歯茎にカエルの卵みたいなグレーの点

年齢 性別 相談日

 代

女性

2021年4月15日

質問

歯と歯の間の歯茎に、1ミリない水ぶくれのような、カエルの卵みたいなグレーの点があるような小さなものができています。粘液嚢胞は歯茎には基本できないと聞いたことがありますか、このような場所に水ぶくれはできるのでしょうか?グレーの点があるので、メラノーマなども心配になります。黒ではないし、ほくろっぽくはないのですが。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

歯と歯の間にある乳頭部の歯肉に、何らかの変化が生じているようですね。可能性として悪性黒色腫(メラノーマ)は稀ですが、否定はできません。粘液のう胞は唾液腺の腺組織か導管がある場所に生じやすいものですが、乳頭部歯肉にはこれらの組織がないため、粘液のう胞は該当しないでしょう。

他の可能性として、静脈血還流不全によるうっ滞、歯肉の浮腫、血腫、外来性色素沈着、母斑、エプーリスといった病気が考えられます。

質問2

返信ありがとうございました。そのような可能性があるのですね。わかりました。メラノーマの可能性も否定はできないのですね。濃くはない、グレーの小さな点なのですが…メラノーマの初期って見た目どんな特徴があるのでしょうか。

【回答2】口腔外科総合研究所 樋口均也

通常、メラノーマ(悪性異色腫)はその名の通り異色の腫瘍ですが、中には無色素性のメラノーマもあり、周囲の組織と同じ色をしています。

メラノーマは基本的に黒色ですが、茶、青、紫がかった色のものもあります。初期では黒色が薄く、灰色っぽく見えるものもあるかもしれません。ただし、そのような小さな病変がメラノーマと診断できるかどうかについては不明です。

入れ歯の保険適応

年齢 性別 相談日

60代

女性

2021年4月11日

質問

上の歯はインプラントで今は下の歯を作って貰ってますが、ほとんど合わなくてつけてません。少し高くてもいいから保険がきくいれ歯ってないでしょうか?

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

インプラント治療は保険適応外ですが、入れ歯(義歯)は保険の範囲内で作製することが可能です。保険の入れ歯は全国一律で治療費が定められ、高価ではありません。

ドライマウスに対するサラジェンなどの使用

年齢 性別 相談日

 

女性

2021年4月1日

質問

ドライマウスからくる強い口臭に悩んでおり、マッサージや舌回し、よく噛む、水を飲むなどを行っても、唾液が出ず口がパサパサになり強い口臭があります。周囲より指摘されることもあり仕事を辞めようかと考えるくらい悩んでいます。シェーグレン症候群ではありません。

自費になっても構わないのでサラジェンやサリベートなどの薬の処方をしていただくことはできますか?

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

ドライマウスの原因の一つであるシェーグレン症候群は、ドライマウスやドライアイを主な症状とする自己免疫疾患です。シェーグレン症候群に罹患しているか否かを調べるには口腔の乾燥状態や唾液分泌量、眼の乾燥状態、涙の分泌量、自己抗体(血液検査)、口唇腺
の病理組織などについて調べる必要があります。このような検査を受けた結果、シェーグレン症候群ではないと診断されたのでしょうか。

血液検査で自己抗体が陰性だったという理由により、医師からシェーグレン症候群を否定されるケースが多くみられますが、正確な診断ではありません。特にドライマウスの症状のみがある初期のシェーグレン症候群では、自己抗体が陰性を示すことはよくあります。病理組織検査などを行うことにより、やはりシェーグレン症候群であったと判明することもあります。

当院ではこれらの検査により診断した結果、シェーグレン症候群であればサラジェンやサリベートなどのドライマウス用の薬が保険適応で処方できます。もちろん、自費で処方することも可能です。

 

 

臼後隆起付近の粘膜下にコリコリしたものを触れます

年齢 性別 相談日

 

女性

2021年2月10日

質問

丸で囲ってあるところを指で触れるとコリコリします。写真は左ですが、右にも場所は少しずれてコリコリがあり、しこりなのか正常な粘膜下の組織なのか、不安になりました。

口腔ガンが怖く、口の中を頻繁にみたり、触ったりして確認してしまいます。今日別件で経過観察のために口腔外科にかかり、一応全体的に異常がないか診察もしていただいているのですが、帰ってきてからたまたま見つけてしまいました。今日かかったときは触診はしてないので、この部分は見た目には気になることがなかったのだろうと思います。

この辺りのコリコリで考えられることを教えてください。リンパを触ったときのような硬さで、ゴリゴリ硬い感じはないのですが、ガンだと硬いのですよね?

臼後隆起付近の粘膜下にココリしたものを触れます

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

臼後隆起付近の粘膜下にコリコリした腫瘤が形成されているようですね。本来はこのあたりの粘膜下にコリコリした舌組織はありません。

可能性としては腫瘤、のう胞、臼後腺、リンパ節、異物の迷入、肉芽腫などが考えられますが、腫瘤やのう胞は通常片側だけに生じるため該当しないと推察します。

 

 

親知らずを抜く必要性

年齢 性別 相談日

40代

女性

2021年2月8日

質問

お忙しいところに恐れ入ります。19歳娘の親知らずについての質問になります。定期受診の際、いらない歯ですから4本とも抜いたらどうですかと説明を受け、大きな病院を受診しました。紹介先の病院では、全身麻酔で4本同時抜歯・1泊入院の説明を受けました。

歯の状態ですが、痛みや虫歯はなく、上2本は頭を出してきて、下2本は横向きに埋まっており、7番目の歯(歯のタテ半分くらいのところ)に向かって当たっているような状態です。また、レントゲンでは下2本とも親知らずの根元に下顎管が重なっており、一般的な話として、術後の神経麻痺などのリスク説明があり、不安に思っておりますが、抜いておくことがベストなケースでしょうか。また、全身麻酔で抜くことや4本同時に抜歯することのメリットとデメリットは、どのようなことがあるのでしょうか。いらない歯という以外に抜くべき根拠がはっきり示されたわけではなく、悩んでおります。ご回答いただけますとありがたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

一般的に親知らずは抜くことが多いといえますが、全てのケースに該当するわけではありません。上下の親知らずが正しく噛み合っていて、歯磨きが難しくない場合に抜く必要はありません。むしろ親知らずも噛むという行為に役立つため、積極的に残すべきでしょう。

一方、抜いた方がよい親知らずもあります。歯磨きしにくい親知らずがあると、歯垢(プラーク)が残ったままの状態が続き、虫歯や歯周病に罹患する可能性が高くなります。親知らずが虫歯や歯周病になると、困ったことに親知らずの手前の歯まで巻き込まれることがあるため、親知らずを早期に抜く必要があるのです。

横向きに埋まった親知らずの場合では、完全に埋まっている場合は抜く必要はありません。ただし、手前の歯との間に深い歯周ポケットが形成されている場合は抜く必要があります。手前の歯の歯周病が進行するリスクが高いからです。

下顎管と重なっている親知らずを抜くと、神経損傷(麻痺)の可能性があります。このような場合は、歯冠のみを除去して歯根は残す「歯冠切除術」に切り換えることにより、麻痺のリスクを避けることができます。


親知らずは右側と左側に分け、期間をおいて抜くのが一般的です。右の抜歯後はしばらく右では噛めず、左で噛むことになります。左についても同様です。左右同時に抜くと、右でも左でも噛みにくくなり、健全な食生活を営むことが困難になります。ただし、これは外来で抜歯する場合のことで、入院して全身麻酔下で抜歯する場合は4本同時が一般的です。術後しばらく入院し、流動食などで過ごすことが前提となるためです。