口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

息を吸い込んだ時に舌先がピリッとつったような痛みがある

年齢 性別 相談日
30代 女性 2015年1月16日

【相談者】2015年1月16日  T

初めまして。ご相談させて頂きます。先日歯が痛み、仮歯をしている歯の痛み歯根が腫れてしまい、歯医者に行きたかったのですがその日は祝日だったため、痛み止めをのみしのぎましたが、次の日くしゃみをしようと息を吸い込んだ時に、舌先がピリッとつったような痛みがあり、一瞬ですがあります。息を吸い込んだりあくびをしたり、飲食してもそのような症状はないのですが、何か悪い病気でしょうか‥‥

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

舌先が痛む病気でよく見られるのはアフタ性口内炎で、粘膜に円形のアフタと呼ばれる腫瘍が生じて周囲の粘膜が赤くなり、少し盛り上がります。アフタ性口内炎は刺激物を飲食するとしみて痛みますが、それには該当しないようですね。

舌痛症の場合も舌先は痛みます。食事中は舌の痛みを感じないという点は当てはまるようですが、舌痛症は痛みの持続が特徴であるため、症状が一瞬だけ生じるという点では舌痛症でもなさそうです。

可能性としては、舌の筋肉のひきつり(けいれん)が考えられます。くしゃみのように日常化していない動作を行うと、このような症状が出る場合があります。放置しても治る可能性が高いと推察しますが、稀なケースではあるものの顎や耳の骨の中、あるいは頭蓋内の何らかの病変が神経を刺激していることもあるため、ご心配であれば口腔外科か耳鼻咽喉科を受診されるとよいでしょう。

また、食いしばりや歯ぎしりによって舌が歯に押しつけられて粘膜が荒れているケースの他、貧血や亜鉛不足、ドライマウス、口腔カンジタ症、神経疾患などの問題も考えられます。従って、一度診察を受けられることをお勧めします。