口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

突然上唇がしびれて、歯がうく感じがあります

年齢 性別 相談日
40代 男性 2014年1月20日

【相談者】2014年1月20日  男性

早速ですが…年末から今まで、3日おき位に突然上唇がしびれて、歯がうく感じがあります。症状は15分位で治りますが、初めての事で気になります。脳外科を受診しましたがMRIは異常なしです。なんなんでしょうか?よろしくお願いします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

上唇のしびれはこの部分を走行する神経、即ち上唇と上顎の歯に分布する上顎神経の麻痺によって引き起こされていると推察します。

これは三叉神経の2番目の枝に当たり、頭蓋内と上顎の後方の翼口蓋窩、眼の下方、顔面の皮下のいずれかの部分に腫瘍、膿瘍、のう胞、骨折、脳梗塞、脳出血などがあると麻痺が生じます。

脳外科でMRI撮影を行ったようですが、骨の異常はMRIよりもCTの方が見つかり易いため、CTにより何らかの問題が見つかるかもしれません。

また、神経の麻痺には他に糖尿病やビタミン不足、代謝性疾患、薬の副作用、ウイルス感染、自己免疫疾患、重金属中毒、アレルギー、浮腫、冷え、微少循環障害などさまざまな原因があります。

【相談者】2014年1月22日  男性

こんにちは。突然のメールに、とても詳しく返信して頂きありがとうございます。初めての事で不安でしたが、次はCTや糖尿、ビタミン不足を調べて見ようと思います。よろしければまた質問させてください。ありがとうございました。

【相談者】2014年1月22日  男性

ありがとうございます。早速なんですが…今日のお昼頃から頭のハチと言いますか、右の上の方(中でなく、皮膚?筋肉?)が顔をしかめる位痛みます。そう言えば以前かかった帯状疱疹後神経痛で胸が痛かった痛みに似た痛みなので、神経痛の痛みなのでしょうか?とすると唇のしびれ等と関係があるのでしょうか?口腔外科ではないですね。スミマセン。乗り掛かったもので質問させて戴きました。よろしくお願いします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹というウイルス性の皮膚の発疹が治り、病変の消失後に痛みのみが続く病気です。何らかの理由により抵抗力が低下すると、神経の近くに潜むウィルスが増殖を始め、帯状疱疹やその後の神経痛を発症させる場合があります。

今回は胸に生じたようですが、顔面や頭部に帯状疱疹がなければ唇や頭部の症状は帯状疱疹後神経痛ではないと推察します。

頭部、特に右側頭部表面の痛みの原因についてはさまざまな理由が考えられますが、最も深刻なのは脳出血や脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍など頭蓋内病変による痛みです。他には緊張型頭痛、偏頭痛、群発頭痛などの機能性頭痛や皮膚の感染、発疹、筋炎、側頭動脈炎などが挙げられます。

唇と頭部の症状が異なり、場所も離れていることから関連する可能性は低く、むしろヘルペスウイルスの感染、筋・筋膜痛、多発性硬化症、ギランバレー症候群、身体表現性障害などが疑われます。

【相談者】2014年1月28日  男性

いつもとても詳しくありがとうございます。お忙しい中感謝いたします。もう一度病院を受診して見ようと思います。何科に行けばいいですかね?ちなみに、私は痛風でいつも受診している個人病院はあります。その他に遠距離にMRIをとった病院。近距離に以前一度かかった脳外科もあります。あまり行きませんが大きな総合病院もあります。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

歯の違和感は歯科ですが、唇に関しては歯科、耳鼻咽頭科、口腔外科、皮膚科のいずれかを受診されるとよいでしょう。また、頭部周辺の痛みに関しては頭痛外来、神経内科、脳神経外科の受診をお勧めします。

【相談者】2014年1月31日  男性

いつもありがとうございます。まずは口腔外科に行ってみます。ありがとうございました。