口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

頬粘膜や下唇粘膜にできる膨らみ

年齢 性別 相談日
50代 女性

201966

◇ご質問等

初めまして。口の中にたまに出来るデキモノについて質問させていただきます。ほっぺの内側や下唇の内側に全く痛みのない5mmほどのイボのようなものが出る事があります。 数時間すると自然に消えてしまいます。先ほども下唇にありましたが、舌で触っている間に何も無くなっています。

痛みのないのであまり気にしていなかったのですが、数年前からたまに同じ事がありました。心配するような事でないと良いのですが、アドバイスをいただければ助かります。 よろしくお願いいたします。

 

回答

幾つかの可能性について検討してみましょう。

可能性頬粘膜の表面に生じる多数の細かい膨らみを「フォーダイス顆粒」といいますが、これは脂肪の固まりなので、すぐに消失してしまうものではないため該当しません。

下唇の粘膜下にある多数の「口唇腺」という小唾液腫は、触ると小さな粒々が中にあって下唇粘膜は凸凹しています。しかし、常に存在していてすぐに消えるものではありません。

また、頬粘膜や下唇粘膜を噛んでしまうなど、何らかの理由により傷つくと内出血して血豆(血腫)ができることがありますが、こちらもすぐに消えることは無いので当てはまりません。

さらに、下唇の粘膜下に存在する口唇腺が傷つくと粘膜下に唾液が漏れ出し、下唇粘膜が半球状に膨らむ「粘液のう胞」が生じますが、やはりすぐに消えるものではありません。

以上4つの可能性を挙げましたが、いずれもピタリとは当てはまりません。傷ついた口唇腺からの唾液の漏れ出しが軽微である場合には、舌で押すだけでしばらくすると消失することもあるのかもしれません。