口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

急性壊死性潰瘍性歯周炎

年齢 性別 相談日
50代 男性 2010年7月14日

【相談者】2010年7月14日  50代 男性 K

1週間程まえから急に上顎歯ぐき全体が痛み始めました。左上7番奥歯の治療中で痛みが出始め、頬や耳まで熱ぽくなりました。その2~3日後、上顎歯ぐき全体の肉厚が急に溶けるようなイメージで縮退し、全体的にくぼんでいるような感じとなりました。(肉厚がなくなったのは歯槽粘膜あたりです。歯槽弓?)

その状態になってから、歯槽粘膜あたりに熱を持ちヒリヒリと痛みが出始め、また左側犬歯においては、歯ぐきが薄くなり、歯の上部が露出しそうな状態です。その部分を触ると痛みまで出始めています。診察を受けましたが問題なし言われましたが、その後も痛みは引かず歯ぐきの状態もよくならず痛みが増し心配しています。【ご相談】歯ぐきの症状と治療方法についてアドバイス頂ければ助かります。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

歯肉の炎症が強いようですね。糖尿病や肝硬変、ガンなどの病気の場合は免疫力が落ちるため、歯周病の症状が強く現れることがあります。

歯周病の一種の「ANUG」である場合は急激に発症し、歯肉の壊死や潰瘍が出現して激しく痛みます。プラーク中の歯周病菌の繁殖が主な原因ですが、ストレスや栄養障害、白血病、HIV感染、喫煙などとの関連が見られる場合もあります。

治療方法はなるべく清潔にすること、そして抗生物質を内服することです。病気が進行すると命にかかわる事態となるため、この病気の可能性も含めてきちんと診察を受ける必要があります。

【相談者】2010年7月18日  50代 男性 K

早々のご回答大変ありがとうございます。昨日、近所の総合病院で診察を受けました。原因は、分からないとのことでした。要因としてストレスや神経性からかもしれないとのことでした。漢方薬等の処方により様子を見ることになりました。ただ、歯茎の痛みが引かないのが気になっています。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

原因が判明しないとご心配でしょうが、回復されることをお祈りします。