口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

年々ガミースマイルが酷くなっている

年齢 性別 相談日
40代 女性 2012年9月18日

【相談者】2012年9月18日  女性 S

はじめまして。娘二人が幼い頃に小児歯科のすすめで上唇小帯を切除しました。医師のすすめであったため、知識のない私は親の判断で言われる通り切除したのですが、二人とも十代になり年々ガミースマイルが酷くなっているように思います。

今思えば、小帯もさほど太くもなかったので、本当に必要な施術であったのか、頭から離れません。両親はガミーではなく、上唇小帯の位置は我々と比べ、娘二人は明らかに上の方にあります。やはり、上唇小帯切除とガミースマイルは関係がありますか。また、再生はできますか。二人とも歯並びは良い方です。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

小帯とそのスマイルの関連性については難しいところです。幼少期の小帯の力により、成長後のスマイルのかたちが変えられたのでしょうか。

小帯は軟組織で歯肉の下には骨がありますが、小帯の力と骨の成長のどちらの力が優位であるかの報告はまだ見たことがありません。小帯の力が上顎の骨の成長に影響を与えることが証明されたら、小帯を短くする手術が登場する可能性はあるでしょう。