口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

抜歯後に生じた持続する左顔面の痛み

年齢 性別 相談日
40代 女性 2010年12月24日

【相談者】2010年12月24日  40代 女性 M

左下4番抜歯後、ブリッジしようと仮歯を左3に接着したら、首の腱が突っ張って左肩、左腕すべてが引きつり痛みます。仕方なく、左下5番にのみ仮止めですが、それも負担が有りとても痛いです。

でも何もしなければとなりますが、そうするとほおや下くちびるが左下5歯を押して左顔面がいたんで仕方なくなります。今5に仮止めでその仮歯と左下3番の隙間をポリデントで緩く埋めるとかなり楽です。大学病院の口腔外科には2か所さじを投げられて苦しいです。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

抜歯やその両隣の歯を削って仮歯を入れたことにより、噛み合わせが狂ってしまった可能性があります。噛み合わせの狂いから筋肉や顎関節に無理が生じ、このような症状が現れる場合があります。ただし、噛み合わせの狂いを確認することは一般的に難しく、いくつもの複雑な計測機を併用しても明らかにできるとは限りません。

治療方法としては、まず「オクルーザルスプリント」という装置を作製して装着し、症状が改善するかどうかを見ていきます。

実際のところ、噛み合わせが狂ったとしても、ほとんどの場合でこのような症状は出現せず、多少の狂いが生じても体が何とか対応するものです。従って、むしろ体の調節能力が低下している可能性があります。

また、噛み合わせが狂っていなくてもこのような症状が生じる場合があります(咬合異常感症)。それは感覚に異常を来たした状態で、ストレスや不安などがあるとこのような異常が生じやすくなります。治療方法は、機能訓練や心理療法など様々にありますが、抗うつ薬などによる薬物療法が中心となります。