口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

左中顔面の痺れと痛み

年齢 性別 相談日
30代 女性 2011年2月1日

【相談者】2011年2月1日  30代 女性 R

1週間前から 上顎左半分(前歯の付け根から喉にかけて)が麻痺して、左側の歯痛もあり 日々ロキソニンとボルタレンを服用。 歯医者に行っても虫歯ではなく異常なし内科に行っても異常なし 原因不明で 鎮痛剤とメチコバールを飲んでます。原因は何が考えられるでしょうかまた何科を受診したらよいのでしょうか?

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

左中顔面に痺れと痛みがあるということから、いくつかの原因が考えられます。虫歯でなければ歯や顎の骨に異常があるかもしれませんし、上顎洞などの副鼻腔に炎症がある可能性もあります。他にも筋・筋膜痛や三叉神経痛、ヘルペス性疼痛、偏頭痛、群発頭痛である可能性もあるため歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科(頭痛については神経内科、脳神経外科)を受診されることをお勧めします。

また、見逃してはならないのは脳腫瘍や脳出血などの頭蓋内の病気です。中顔面に異常がない場合は、頭蓋内の病気の有無を確認する必要があります。

一方、どこにも原因が見当たらない場合は、原因不明の痛みということになりますが、中にはストレスや不安、うつ、統合失調症などが痛みをひき起こすケースもあります。その場合は痛みの緩和を主目的としたペインクリニックや心療内科、精神科を受診するとよいでしょう。

www.koku-naika.com/p414orofacialpain1.htm