口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

歯肉の痛みと味覚の異常

年齢 性別 相談日
30代 男性 2011年2月3日

【相談者】2011年2月3日  30代 男性 NC

母(50代)の事でご相談したい事があります。母は元々頭痛もちでしたが、一年くらい前から-その頃、歯科治療にかかった-、歯茎が痛み出したようなのです。まるで、針金が入ったように痛いと言っています。最近では味覚にも異常をきたしているようで、料理の味がしなくなったと言います。さらには食べる時には口も痛いが、足も痛くなると言います。

医者にもかかり、その医者が言うにはストレスだそうです。ストレスならストレスで構わないと思うのですが、口腔内の痛みにはそれ以外のものもあると聞きます。薬を飲んでいますが、痛いのには変わりがないようです。これらの症状を踏まえ、どうしたらよいか、ご助言いただけたらと思います。それでは、失礼します。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

歯肉の痛みと味覚異常が生じたということですが、歯科の診察は受けられましたか。歯科ではどのような異常を発見され、どんな経緯でストレスを指摘されたのでしょうか。

歯肉の痛みについては歯周病や虫歯、口内炎、顎の骨の病気の有無について検査する必要があります。そのうえで異常がない場合は、口腔灼熱症候群や口腔ガンジダ症の可能性が高くなります。

一方、味覚障害の原因は多種多様にありますが、ドライマウスやビタミン欠乏症、亜鉛不足、臭覚障害、薬の副作用などが多く見られます。

また、両方の症状の原因となりうるものとして、上記の他に脳梗塞や脳腫瘍などの頭蓋内の病気やストレス、身体表現性障害、気分障害などがあります。従って、まずはこれらの異常の有無を系統だてて調べた上、治療法を検討する必要があります。