口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

上顎の粘膜の部分(口蓋粘膜)のふくらみと痛み

年齢 性別 相談日
60代 女性 2011年2月12日

【相談者】2011年2月12日  60代 女性 C

数日前にきがついたのですが、上顎の真ん中より少し左の方がじりじり痛いのでみたら腫れていてその真ん中がすこしふくらみがあります。怖いからそのあとみてませんが今もいたいです。あついものを食べてやけどをした感じではないです。なんでしょうか?

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

上顎の粘膜の部分(口蓋粘膜)にふくらみと痛みがあるようですね。やけどや傷ではないとすれば、虫歯の進行によって症状が現れた可能性があります。虫歯が歯の神経を侵すと、虫歯菌が歯の奥にある顎骨までを蝕み、膿が溜まって粘膜が腫れてくることがあります。このような場合は、歯の根の中の治療が必要です。

また、虫歯以外にも線維腫や唾液腺腫瘍によって粘膜がふくらみ、その部分に細菌感染が生じて炎症を起こし、痛む場合があります。たとえば唾液腺の悪性腫瘍である腺様のう胞ガンの場合には、ガンが神経を侵して痛みが出ることがあります。また、粘膜のふくらみは口蓋隆起という骨の出っ張りであるだけで、異常とはいえない可能性もあります。この場合は、痛みの原因は口内炎とは別に存在することが疑われます。