口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

舌の痛みがあり、好きなもの好きな味で食べられません

年齢 性別 相談日
70代 女性 2011年5月7日

【相談者】2011年5月7日  70代 女性 H

昨年10月ごろから、舌の先があかく痛みがありました。耳鼻咽喉科に通院し治療を受けていますが、一向に良くなりません。今は痛みが強くなり、舌も荒れていてひび割れているような感じです。

精神的にもかなり追い込まれています。毎日、時計のように時間やその日のスケジュールをきちんとする性格でお掃除大好きです。食べ歩きも好きなほうでしたが、最近は気が進ません。食べ物は、辛いもの(例えば、キムチ・明太子・お漬物など)が大好きで、醤油や味噌、ドレッシングなどの調味料は、食事時手放せなかったのですが、最近は舌の痛みがあり、好きなもの好きな味で食べられません。相当我慢していて、痛みがあり、熟睡できないのもつらいのです。

食事後はすぐにうがいをして、アズノール軟膏を塗っています。塩分のあるものを食べた後や夜になると特に痛みます。痛みが強いときは、痛み止めを服用しています。ビタミンB12、亜鉛も医師の薦めで服用しています。とにかくどうしたら良くなるか。教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

舌の粘膜が荒れているようですね。アズノール軟膏やビタミン剤、亜鉛などは症状の改善が期待できる薬ですが、効果は見られませんか。それとも、ある程度は良くなっているものの治りきらないという状態なのでしょうか。

舌の粘膜の荒れを起こす原因としてはビタミン不足や亜鉛不足、全身の栄養状態の悪化、貧血、消化器粘膜全般の荒れ、薬の副作用、肝機能の低下など全身的な問題が考えられます。また口の中に原因を限定すると、くいしばりや歯磨き粉による害、ドライマウス、カンジダ症などが挙げられます。従って、これらの原因を探りながら治療を進めていく必要があると思います。