口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

舌の先がぴりぴり痛み、口の中が乾燥する

年齢 性別 相談日
60代 男性 2011年6月11日

【相談者】2011年6月11日  60代 男性 OS

舌の先が1年ほど前からぴりぴり痛み、よる寝ているときは口のなかが乾燥し、上あごや、歯根や歯にくっつき舌も、痛みます。

現在アスノールうがい薬4%、テキサルチン口腔軟膏1mg/gを使用、プロマック顆粒15パーセント0.5gを服用中(過去に漢方薬も服用)

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

舌粘膜には肉眼的に何の異常もないにもかかわらず、舌が痛む病気を「舌痛症」といいます。舌痛症の原因にはいろいろな説がありますが、ドライマウスから併発したカンジダ症などの感染症や亜鉛不足も含まれます。これらの原因を疑ってアズノールうがい薬やプロマック顆粒が処方されているのでしょうが、難治性のようですね。

夜間に口の中が乾燥するということですが、乾燥して唾液の働きが弱くなると粘膜が荒れて痛みやすくなります。そこで就寝前に保湿ジェルを舌によく塗りつける、あるいはマスクを付けて寝ることで症状が緩和されます。また、「モイスチャープレート」という保湿ジェルを内蔵したマウスピースを装着して寝るのもお勧めです。

その他、ドライマウスとは無関係に舌が痛んでいる場合もあります。たとえばくいしばりや歯ぎしりが原因の舌痛症の場合には、抗うつ薬や抗けいれん薬が有効です。