口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

口内に出来物(腫れ)ができ日を追うごとに痛みを伴うようになってきた

年齢 性別 相談日
20代 女性 2011年2月10日

【相談者】2011年2月10日  20代 女性 N

3日ほど前から口内に出来物(腫れ)ができ、日を追うごとに痛みを伴うようになってきたため、ご相談させていただきます。

出来物の場所は口腔底で、舌の根元に幅2cm、厚み5mm程度の柔らかめの塊があります。初期は赤色でしたが、痛みが増すにつれて表面に白い斑点(口内炎のような見た目)のものが多数出現しました。その斑点は下唇の裏側にも複数出現し、痛みを伴っています。現在は食事も痛みをこらえながら食べ、日常会話でも口の動きによって痛みを感じるようになりました。

念のため初診の耳鼻咽喉科で診察を受けましたが「メイアクトMS」という抗生物質と「イソジン」を処方され経過観察となりました。何か改善に向けてご指導いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

口底部のできもの(腫瘤)と口底、下唇粘膜に多発した白斑の二つの問題があるようです。まず口底部の腫瘤については、痛みがあることから腫瘍ではなく炎症が生じていると推測します。たとえば細菌や真菌、ウイルスによる感染や異物の迷入による炎症、口内炎などが該当します。

一方、口底と下唇粘膜の白斑は痛みがあることから、口内炎の可能性があります。多発性アフタやヘルペスウイルス、あるいは結核や梅毒、エイズに伴う口内炎の場合もあります。

耳鼻咽喉科で抗生物質のメイアウトが処方されていることから、細菌感染を第一に疑われているようですね。薬を飲みきっても改善しない場合は、他の可能性についても検討を加えていく予定なのでしょう。何より口腔内をできるだけ清潔に保つことが肝心です。また、ウイルス感染の場合は有効な治療薬が少ないため、十分な栄養摂取と休養に努めることが症状改善への近道といえます。

【相談者】2011年2月13日  20代 女性 N

早速のご回答を頂き、誠にありがとうございます。口内炎程度しか経験がなく、見た目のインパクトが大きかったため心配しておりましたが、ご指導をいただいて安心いたしました。おかげさまで、その後の経過は良く、腫れが少しずつ引き、斑点の数も減ってきました。今ではほとんど痛みも感じないようになっております。

このまま油断せず、完治に向けて体調管理に励みたいと思います。本当にありがとうございました。