口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

口腔内のどこからか唾液が湧き出てくる

年齢 性別 相談日
50代 男性 2012年3月7日

【相談者】2012年3月7日  男性 

はじめまして。昨年の12月ごろから 口腔内のどこからか唾液が湧き出てきて仕事に差し障る状態になりました(そのため30年吸っていたたばこをやめました)。近くの口腔外科に診察にいっても異常なしといわれ相手にされませんでした。でも口の中に唾液とともに何かわきでてきて歯にくっつくのです(上あごの真ん中に特に集中している)

考えられることは、昨年6月ごろ水虫のため皮膚科にゆきチガソンを処方されそれから味覚障害になったということです(8月末にはチガソンはやめた)。薬害と考えるべきでしょうか。このままどうすればいいか途方にくれております。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

チガソンは皮膚が角質化して固くなった部分を剥がし、正常な表皮を再形成するための薬で、副作用として口が渇いたり口腔粘膜が荒れる場合があるため、味覚障害はそのため生じたのかもしれません。

さて、現在気にされている「唾液が湧き出てくる」症状と、チガソンが関係しているか否かといえば、おそらく関係ないでしょう。副作用であればチガソンの服用中に出るはずですが、服用期間と症状出現の時期が一致しないからです。

また、唾液の問題については唾液分泌過多(流涎症)、ドライマウス、口腔異常感症、口腔セネストパチーなどの病名が考えられますが、口腔粘膜や唾液に異常があるかどうかで治療法が大きく分かれます。従って、耳鼻咽喉科や口腔外科を受診されることをお勧めします。