口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

歯を抜いてから異常に唾液が出るようになりました

年齢 性別 相談日
20代 女性 2013年8月22日

【相談者】2013年8月22日  S

今年2月に歯を抜いてから異常に唾液が出るようになりました。袋を持ち歩いて歩かなければならないほどです。歯医者・内科に行っても原因はわからず、いろいろ調べていたところ舌神経の損傷ではないか?と想定しております。

現在は針治療・漢方薬を飲んでいますが回復の兆しが見えません。1・2分で唾液が貯まる毎日でなんとかきちんとした治療はないかと思ご相談させて頂きました。同じ症状の患者さんが貴病院にいらっしゃって治療方法があればと思います。よろしくお願い致します。

【回答】口腔外科総合研究所 樋口均也

異常に唾液が出るようになった原因として、二つの可能性があります。一つ目は唾液の分泌量が正常ではなく、出過ぎている唾液分泌過多症、もう一つは唾液がうまく飲み込めず口の中に留まっている唾液嚥下障害です。

まず、唾液分泌過多症の原因には次のようなものがあります。・体質的に唾液の出が多い・脳卒中や脳腫瘍・パーキンソン病・薬物中毒・心理的・社会的な要因

次に、唾液嚥下障害の原因には次のようなものがあります。・ドライマウス・舌下神経麻痺や舌咽神経麻痺・舌やのどの腫瘍

中でも比較的多いのが、ドライマウスにより唾液がうまく飲みこめなくなって唾液が口に留まるという状態です。唾液分泌が本当に多過ぎるのか、あるいはドライマウスのように実は唾液の出が少なくなっているのかを調べ、それに応じた治療を受ける必要があります。

また、下顎の親知らずの抜歯の際に舌神経が傷つく場合があります。舌神経の損傷を疑われているのは現在、舌の麻痺が生じているということでしょうか。舌神経は舌の知覚に関係する神経で舌の動きとは無関係であるため、舌神経の損傷が原因ではないと推察します。