口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

咀嚼筋の筋肉痛、関節円板が薄くなっている

年齢 性別 相談日
30代

女性

2014年12月3日

・ご質問等

突然のメールすみません。先月病院で顎の咀嚼筋の筋肉痛、関節円板が薄くなっているかズレているという診断を受けて、マウスピースつけながらロキソニンで治療してます。最初の頃に比べると痛む時間は短くなってますが、どうしてもビリッとくるような突然の痛みが取れず、1日1時間ほど発作的な痛みが続きます。それ以降良くなりそうな感じでしたがまた痛みが戻るようになったりと、ずっと繰り返してます。

仕事もどうしても休めないので即効性のあるような治療はないでしょうか??本当に毎日辛く、怖さと痛みで食事もとれません。もし何か治療や対策があれば教えて頂きたいですm(__)m

回答

病院で顎関節症と診断され、スプリント療法や薬物療法を受けられているようですが、発作的に痛むのは口を開け閉めする時でしょうか。顎関節症では、確かにこのような痛みが生じることがあります。

現在の治療で症状が軽減している場合は、このまま回復を待つ姿勢が望ましいでしょう。大きく口を開けると痛む、硬いものを噛むと痛むなど、特定の状況があるなら当分の間それを避けましょう。

痛みに対しては運動療法や温熱療法、はり治療が有効ですが、どうしても痛みが続く場合には抗うつ薬が効くかもしれません。

また、顎関節症の痛み以外の原因によって発作的な痛みが生じている場合もあり、三叉神経痛や舌咽神経痛が該当します。従って、このような問題についても一度、検査を受けられることをお勧めします。