口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪

顎変形症の手術後から続く痛み

年齢 性別 相談日

40代

男性

2021年10月28日

質問1

2020年より歯科矯正をしており、2021年の1月に歯の噛み合わせ改善の為、顎変形症の手術を受け、上顎と下顎の骨を切りました。10ヶ月経過しましたが、鼻から上唇の痺れが取れず、黙っていても常にビリビリし痛みがあります。鼻水が垂れてもわからない一方、唇は過敏になっており、ゴムの歯間ブラシがあたっただけで痛みを感じます。術後すぐは頬や下顎にも痺れはありましたが、こちらは改善しました。

鼻から上唇にかけては頬や下顎にあった痺れとは異なり締め付けられるような強い痺れがあります。術後に鼻が広がないように、鼻の中央と両サイドを糸で結んでいるそうです。
この糸が痺れに関係している可能性はありますでしょうか。

主治医の先生は時間の経過を待つしかないとおっしゃっていますが、日々ストレスを感じています。何かできる事はないでしょうか。

また今月に入り、吸収プレートが歯茎から突出してきました。主治医の先生は問題ないとおっしゃっていますが、歯茎が痩せてきているのでないか心配です。このまま様子をみて問題ないでしょうか。

チタンプレートの除去手術を受けたいと考えていますが、術後に頬がこけ、鼻の下が伸びた印象になってしまいました。除去手術を受ける事に顔の変化や、痺れの悪化を懸念し、なかなか手術に踏み切れません。プレートはやはりは除去した方がいいのでしょうか。除去しない場合のデメリットはどのような事が考えられますでしょうか。

【回答1】口腔外科総合研究所 樋口均也

顎変形症に対して、上下顎骨切り術で顎骨の位置を移動して嚙み合わせを整えたということですね。通常、手術の際に神経が傷ついても時間の経過とともに治っていくものですが、中には治りきらず「神経障害性疼痛」が生じる場合もあります。

神経障害性疼痛は、感覚の麻痺と痛みが同時発生することが特徴です。治療法としては、一般的な痛み止め(消炎鎮痛剤)では効果が期待できないため、抗うつ薬や抗けいれん薬を内服することになります。他に麻薬系鎮痛薬や漢方薬なども使用することもあります。

骨切り術の際に鼻の形を整える手術も同時に行われ、鼻の中央(鼻柱)と両サイド(鼻翼)にナイロン糸をかけて引っ張り、鼻が横に拡がらないようにしているようですが、ナイロン糸をかけていても痛みが生じることはありません。従って、今回の痛みや痺れとは無関係でしょう。

骨切りして移動した骨に対して、時間とともに溶けてなくなる吸収性プレートと吸収しないチタンプレートの2種類を併用して固定したようですね。吸収性プレートに関しては粘膜が裂けて口腔内に露出しても問題のないケースが多いですが、ご心配であれば再度担当医と相談されることをお勧めします。

一方、チタンプレートは1~2年後に除去することもあれば、一生そのまま置いておくこともあります。心理的に抵抗感がない場合はあえて除去する必要はないでしょう。