口腔外科総合研究所 l 口腔外科 大阪
相談内容検索1 口腔外科総合研究所

口腔外科無料相談室



含歯性嚢胞とエナメル上皮腫の鑑別

年齢 性別 相談日
50代 男性 2019年8月18日

質問

2カ月前に顎骨内に埋没している親知らずを抜歯し、その周りにあった含歯性嚢胞を摘出しました。抜歯と嚢胞摘出は町の普通の歯科医院で同時に行い、2カ月経過していますが、経過は良好です。

そんな折、ネットで色々と情報を見ていたところ、含歯性嚢胞とエナメル上皮腫は画像診断では鑑別が難しい旨の情報に接しました。歯科医院では抜歯および嚢胞摘出前にレントゲンはとっていますが、摘出した嚢胞の病理検査等は行っていません。

含歯性嚢胞とエナメル上皮腫は画像診断では鑑別が難しいとのことですが、実物の病変も見分けがつかないのでしょうか歯科医院の先生も含歯性嚢胞と思い込み、エナメル上皮腫を見逃すことはありますでしょうか? 抜歯の傷跡はふさがっていますが、エナメル上皮腫ではないことを確定するすべはありますでしょうか?

 

回答

エナメル上皮腫の中でも単胞型のものは含歯性嚢胞と肉眼的に区別しにくく、エックス線上でも相似しています。病理組織検査を行った上で診断を確定させるため、病理組織検査をしていない以上、もはや確認する術はあろません。

エナメル上皮腫は数年~10年後に再発することが多いため、定期的なエックス線撮影により異常の有無を調べることをお勧めします。

 

謝辞 2019819

ご丁寧にご回答ありがとうございました。いずれにしても、6カ月サイクルでレントゲン+CTなどの定期検査を行い、経過を注意深く見てまいります。ありがとうございました。

舌の横に黒い凸の点(3mm)が出来ました

年齢 性別 相談日
20代 女性 2019年8月17日

質問

ある時舌の横に黒い凸の点(3mm)が出来ており、翌朝見たらなくなっていた(剥がれているように見えました)のですが、これは血豆でしょうか。以前にも見つけたことがあり、同じように翌日には取れていたようなのですが、他の病気の可能性があるのか心配です。

よろしくお願い致します。

 

回答

舌の横(舌縁部)が黒くなる病変にはいろいろありますが、翌日に消失するものは多くありません。確かに血豆の可能性も考えられます。血豆は数日間残存することが多いものですが、3mm大の小さな血豆であれば翌日になくなってもおかしくはありません。

他に、飲食物中の色素が付着した可能性が考えられます。漢方の考えではこのような黒い点を「おはん」といいます。おはんは血の巡りが悪い状態(微少循環不全)ために生じると考えられています。

 

謝辞 2019817

樋口先生、早速のご回答ありがとうございました。色素付着というよりは、「デキモノ」という感じでしたので不安でしたが、血豆の可能性が高いかと改めて思ったで安心致しました。お忙しい中ありがとうございました。

一週間ほど前ぐらいから口の中が痛くなり喉も痛い

年齢 性別 相談日
2019年8月7日

質問

3ヶ月ほど前から 咳が止まらず 治療を受けていました。この一週間ほど前ぐらいから 口の中が痛くなり 喉も痛いので 耳鼻科に行きました。口が痛いと 言いましたが 原因はわからないということで アズレンをもらってうがいをしています。口腔外科に行った方がいいのでしょうかよろしくお願いします。

 

回答

口の中の痛みにはさまざな原因があります。粘膜に明らかな病変がある場合は耳鼻咽喉科でも診てもらえますが、歯や歯肉、顎骨、筋肉の異常の場合は難しいでしょう。口腔外科であれば、口の中に発生する痛みのほとんどを診察したり治療したりすることが可能です。

風が吹いても顔面が痛いので1日中右目から涙が止まりません

年齢 性別 相談日
30代 女性 2019年8月5日

質問

初めまして。6年ほど前から顔面の右側(右上の歯12345辺り)に強い痛みを感じる事があります。特に痛みが強い時は歯磨きをする事やご飯を食べる事、顔を洗う事等する時痛みで涙が出る様になりました。風が吹いても痛いので1日中右目から涙が止まりませんでした。

何件も病院を廻り、三叉神経痛の疑いがあるので、手術しましょうと言われ手術までしましたが、痛みは治らず今もご飯を泣きながら食べている状態です。もう脳神経の手術はしているので三叉神経痛ではない様に思うのですが、今まで先生はこうゆう状態の方を診察された事はございますか!?

 

回答

顔面や顎、歯に強い痛みを持つ多くの患者さんを診察してきましたが、中には少し触れるだけで激痛が走る方や涙が止まらない方も含まれています。

軽く触れるだけで激痛が生じるという特徴は、三叉神経痛の痛みと似ています。三叉神経痛の手術を受けたようですが、手術をしても治らない場合があります。

涙が止まらないという症状に関しては、群発頭痛を含む三叉神経・自律神経頭痛が疑われます。治療法は酸素吸入や薬物療法となります。

組織検査の結果が出る日数について

年齢 性別 相談日
40代 女性 2019年7月27日

・ご質問等

もう8年くらい前に白板症と診断を受けていますが、銀歯をセラミックに変えたら劇的によくなりました。しかし、その近くに小さい白い出来物ができ、癖で噛んでしまうため、別の口腔外科で取ってもらいました。

その先生へはセカンド・オピニオンとしていったのですが、出来物をかんでしまうといったら、すぐとるようにいってくれたので、この先生にしようと決めました。先生に最初かかったときは、白板症というより、その付近の粘膜も少しとり、白板症含め生検にだしてます。

総合病院なので1週間くらいといっていたのですが、でなくて先生も病理に確認したら、はっきりしないから大学病院へ違う方法で調べるように検体をおくったそうです。時間もちょっとかかるかな?でも見た感じは心配なさらずに待っててくださいと言われました。こういう患者さんもたくさんいますからと。大学病院へ送られた場合も含めてどれくらいで結果はでますか?今度の週にでないと3週間ちょっと心配です。

 

回答

8年前に白板症と診断されたことから、口腔粘膜の一部に白い病変が見られたと推察します。白板症自体は変化が見られない病気ですが、少数ながらがん化するケースもあります。

さて、銀歯をセラミックに換えたら劇的によくなったようですが、白板症でこのような変化が現れるかは疑問です。状況から、「苔癬様病変」という歯科金属アレルギーにより粘膜が白くなる病気が疑われます。

今回発生した病変の正体は、病理組織検査の結果が出ないと判明しません。通常であれば1週間程度でわかるH-E染色が用いられますが、今回は結果が確定しなかったのでしょう。その場合はモノクロナル抗体を用いた免疫染色などで詳しく調べるため、1ヶ月程度の時間を要する場合もあります。今は検査結果を待つしかないでしょう。

 

謝辞 201981

先日はご意見ありがとうございました。今日の朝、口腔外科の先生から連絡をいただき、なんらかの刺激による変異と伝えられました。

10年ほど前には細胞診で白板症と診断されていたので気にはなっていたのですが、劇的によくなったり悪くなったりと、イマイチわからなかったので、またきちんとした判断がでたのと、こちらからの返信いただいたことで、少し安心して結果を待つことができていたので助かりました。

しばらくフォローしていただくことができるようなので、きちんと定期的に通って経過を観察していきたいと思います。

酷い開咬と顎変形症があります

年齢 性別 相談日
30代 女性 2019年6月14日

質問

初めまして。酷い開咬と顎変形症があって絶対に外科手術と矯正が必要な状態なのですが、私には難病という身体的事情もあり、総合病院の口腔外科で手術の相談をした所、100%を目指すのが一番なのだけれども8割くらいでご飯が食べられるようにしたいと思っているという説明を受けました。

手術の決断をしないといけないのですが、この説明をどういう風に受け止めて手術に挑めばいいのか分からず、先生ご自身だとしたらどうのような判断をなさいますか?相談出来るところも分からず、困っている状況です。よろしくお願いします。

 

回答

「酷い開咬と顎変形症」ということから見た目が悪く、食物を摂りにくい状態ではないかと推察します。このような場合には外科手術と矯正治療を組み合わせた治療が必要で、具体的には1年程度の矯正治療の後に手術を行うことになります。手術は入院して全身麻酔下で上下の顎の骨をそれぞれ一度切り離し、顎の歪みを治して嚙み合わせを整えた位置でつなぎとめます。術後は矯正治療を再開し、きちんと嚙み合うように最終調整を行います。

さて、難病により手術に制限がある場合は、手術時間を短縮したり出血量を少なくしたりする必要があるでしょう。ここからは想像ですが、上顎の骨切りは行わず、下顎の骨切りのみを計画されたのではないでしょうか。その場合は、上下の顎骨切りと比べて仕上がり具合が多少劣って概ね8割程度といえます。

顔線がきれいに整い、歯並びや噛み合わせも十分な状態を10割として、8割ぐらいまで治るならば治療を受ける価値がありそうです。噛み合わせが多少悪くても食事には何の支障もなく、十分に機能する例はよく見られます。8割の出来で良しとするか8割は不十分と考えるかについては、ご自身の価値観に委ねるしかありません。

 

謝辞 2019614

お忙しい中、ご返答ありがとうございます。先生からいただいたアドバイスを参考に今後の事を決めていこうと思います。

骨隆起の一部に白い粘膜がある

年齢 性別 相談日
50代 女性 2019年6月7日

・ご質問等

検診の為近くの初めて行く歯科医院へ行きました。そこで上顎の骨隆起の一部に白い粘膜があると指摘され、口腔外科を紹介されました。すぐ口腔外科へ行きしばらくは経過観察と言われましたが白い部分に変化は無くこのまま経過観察していて、もし癌だった場合転移が心配だと担当医に言われました。

そこで組織検査をする事にしましたが。骨隆起の所なので組織を切除後縫えないし相当痛みがある。治るのも1ヶ月半くらいかかりますと…骨隆起も一緒に切除すれば縫えると言う事なのでそのようにお願いするつもりですが、切除後はかなり痛みますか?本当に完治に12ヶ月かかるのでしょうか?またもし検査後に癌となった場合はどんな治療になるのでしょうか?

 

回答

上顎の粘膜に白い部分があることから白板症が生じていると推察しますが、白い粘膜の一部が赤くなり痛みがある場合は扁平苔癬の可能性があります。いずれもガン化する恐れがある病気です。

ガンの可能性が疑われる場合は白い粘膜を切り取って染色標本を作製し、顕微鏡でのぞいて詳しく調べる組織検査を行います。粘膜の切除後は周囲の粘膜を引き寄せて縫合し傷口を塞ぎますが、骨隆起上の粘膜の場合は骨としっかりくっついて動かないため粘膜を引き寄せることができず、穴が開いたままになってしまいます。こうした事態を避けるため骨隆起も一緒に削除すると、周囲の粘膜を引き寄せて傷口を塞ぐことができます

切除後の痛みについては、傷口が正しく閉じられている場合はあまり痛まないでしょう。粘膜も2週間以内にきれいに治るはずです。

検査でガンが判明した場合は追加の治療が必要となります。白い部分の周囲の粘膜とその下の骨を切り取る拡大切除術の他、頸部リンパ節や肺への転移の有無を調べるための検査を行うことになります。

下顎骨にできたのう胞らしきもの

年齢 性別 相談日
50代

男性

2019年6月7日

・ご質問等

初めまして。下顎骨にできたのう胞らしきものについて質問させていただきます。別の治療の際に見つかり口腔外科を受診。全く健康な歯の基部にのう胞ができている点で珍しい事例だと言われました。

治療方針は、健康な歯の神経を抜いて、その穴から内容物を少しずつ排除してのう胞らしきものの縮小を計り、その後に外科手術で全体を摘出するというものでした。今のサイズのまま切開手術をするのは、下顎神経を傷つける恐れがあるために避けたいという説明でした。

しかし、抜いた神経の穴からのう胞らしきものへのアクセスを計ったのですが、その手前に固い何かがあってのう胞らしきものまでは到達できませんでした。日を改めて再度ドリルで掘り進みましたが、のう胞らしきものまでは到達できず再び中止となりました。

結果、今のサイズのまま全身麻酔下で〝のう胞らしき組織・その上部の固い組織・歯根の一部″を摘出することに。そこで先日、全身麻酔に適応するかの検査を受けたのですが心電図に少し異常があり、心エコー検査を受けることとなりました。神経を傷つけるかもしれない、全身麻酔のリスクもあるなど不安でいっぱいです。何か他に良い治療法は無いものでしょうか?

 

回答

下顎の内部に円形や楕円形の空洞が生じ、顎骨のう胞が疑わしい状況なのでしょう。よくあるケースが親知らずを巻き込んだ含歯性のう胞ですが、歯を含まない原始性のう胞の可能性があります。他に脈瘤性のう胞、単純性のう胞、角化嚢胞性歯原性腫瘍やエナメル上皮腫という良性腫瘍の可能性も考えられます。

のう胞でも良性腫瘍でも病変を全て摘出することが基本的な治療方針となります。しかし、ある程度の大きさの病変は下顎骨を走行する下歯槽神経に近接しているため、摘出時にどうしても神経を傷つけてしまって術後に麻痺が残る可能性があります。

神経の損傷を回避するために開窓術をお勧めします。これは下歯槽神経に近接した病変はそのままにして、上部の病変のみを摘出しておく方法です。術後は切開部を縫合せず空洞が露出した状態にし、内部にガーゼを詰めて定期的に交換します。数週間~数か月で空洞が小さくなり、病変が下歯槽神経から離れた後、残っている病変を摘出します。

また、摘出術は全身麻酔が必要なので心電図の異常が問題となりますが、開窓術は局所麻酔でも可能で手術時間も短縮できます。全身麻酔と局所麻酔のいずれが体への負担が少ないかは状況によって異なりますが、手術時間が短い方が有利であることは間違いないでしょう。

頬粘膜や下唇粘膜にできる膨らみ

年齢 性別 相談日
50代 女性

201966

◇ご質問等

初めまして。口の中にたまに出来るデキモノについて質問させていただきます。ほっぺの内側や下唇の内側に全く痛みのない5mmほどのイボのようなものが出る事があります。 数時間すると自然に消えてしまいます。先ほども下唇にありましたが、舌で触っている間に何も無くなっています。

痛みのないのであまり気にしていなかったのですが、数年前からたまに同じ事がありました。心配するような事でないと良いのですが、アドバイスをいただければ助かります。 よろしくお願いいたします。

 

回答

幾つかの可能性について検討してみましょう。

可能性頬粘膜の表面に生じる多数の細かい膨らみを「フォーダイス顆粒」といいますが、これは脂肪の固まりなので、すぐに消失してしまうものではないため該当しません。

下唇の粘膜下にある多数の「口唇腺」という小唾液腫は、触ると小さな粒々が中にあって下唇粘膜は凸凹しています。しかし、常に存在していてすぐに消えるものではありません。

また、頬粘膜や下唇粘膜を噛んでしまうなど、何らかの理由により傷つくと内出血して血豆(血腫)ができることがありますが、こちらもすぐに消えることは無いので当てはまりません。

さらに、下唇の粘膜下に存在する口唇腺が傷つくと粘膜下に唾液が漏れ出し、下唇粘膜が半球状に膨らむ「粘液のう胞」が生じますが、やはりすぐに消えるものではありません。

以上4つの可能性を挙げましたが、いずれもピタリとは当てはまりません。傷ついた口唇腺からの唾液の漏れ出しが軽微である場合には、舌で押すだけでしばらくすると消失することもあるのかもしれません。

粘液嚢胞を摘出後のしびれ

年齢 性別 相談日
20代 女性 2019年4月19日

質問

お忙しいところすみません。私は1ヶ月以上前に舌の裏にできた粘液嚢胞を摘出する手術を受けたのですが、舌がひきつるような、くっ付いているような?感覚と舌先の痺れが一向に治らず、とても不安です。

病院ではまれに痺れが出る人もいるけれど2,3ヶ月でほとんどの人が治っていると聞きました。しかし1ヶ月以上が過ぎた今も痺れが少しもよくなっていません。一生このままだと思うととても不安です。1ヶ月以上たっても全く良くなる傾向がない中、この先治ることがあるのでしょうか?

 

回答

舌先の下面の粘膜下には前舌腺(Blandin-Nuhn腺)という小唾液腺が多数存在します。この唾液腺や唾液が流れ出す導管が何らかの理由により傷つくと唾液が粘膜下の組織に流れ出し、唾液が溜まって粘膜が膨れ上がり風船状となる粘液嚢胞が生じます。舌下面にできる粘液嚢胞を Blandin-Nuhn嚢胞ともいいます。

 

粘液嚢胞は表面が傷ついて唾液が漏れ出し壊れることがよくありますが、唾液が漏れ続けているとすぐ再発します。従って、粘膜を切開して粘液嚢胞と傷ついた前舌腺を摘出する必要があります。

1ヶ月前にこの手術を受けられ、舌尖部の知覚麻痺が生じたようですね。粘膜には細かい神経が網の目のように張り巡らされているため、粘膜を切開すると必ずその部分の神経が切断されて知覚麻痺が生じます。これを避けることはできません。

知覚麻痺は半年、1年と時が経つにつれて徐々に回復していくので心配は無用です。

 

謝辞 2019421

先日は、舌の粘液嚢胞手術の痺れについてご返答頂きありがとうございました。一生このままだと思っていたので、治る見込みがあるとのことに安心しました。病院からは麻酔が舌に残って痺れが出ていると言われていたのですが、神経が傷ついて生じていたのですね。麻痺が消えるまで、不安はありますが、様子を見てみようと思います。